CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

ほうき星のフィギュア制作日記

★「時間があれば手を動かそう!」を目標に日々フィギュア製作に励んでいます!★
<< SD初音巫女製作46 | main | SD初音巫女製作48 >>
SD初音巫女製作47
接合面の加工。

前日の続きです。前日スパッと切断・・・とはいかなかった頭部パーツの接合面を整えます。



当然の事ですが、ダボを作りました。
ダボが無いとこんなツルツルなパーツをどのような位置であわせれば良いのか、解りませんからねぇ。

位置あわせとズレ防止がダボを作る意味であるのでどんな形でも良いでしょ?多分?
なので自分は今まで色々な形で作っていました。
丸い穴掘ったりプラ版貼ったりと色々です。
今回は上画像のように掘り込んで見ました。わかりますか?まぁ口で(文で)説明出来ないのでこんな感じで作ったと言う事で・・・



で、たっぷりポリパテを盛り付けてぇ〜むにゅ〜とお約束のポリパテ転写を行いました。
くどいようですが、頭部側には離型目的のメンタムが塗ってあります。



そこそこ硬化するのを待って剥がしてみると・・・
うん!良い感じで転写されています。
ちょい前に席を離れすぎて硬化させすぎてしまい、肩がぼろぼろになったので。今回は付きっきりでした。

ここまで綺麗に剥がれれば、とりあえずはOK!
しかし!まだ油断は出来ません。パテが柔らかい今なら加工も容易ですが柔らかすぎて削りすぎたり、ボロッと剥がれたり過去に色々な失敗をしています・・・。
ここは少し時間をかけ完全に硬化させ、更に剥がれ防止に新たに盛りつけたパテと地の間に瞬着を流し込み完全な状態で挑みます。
まぁこれはあくまで接合面だから慎重にしているだけで、初期の頃の形を出す時は柔らかめの方が加工しやすいですよね。


ブログランキングに登録しています。日々の励みになりますのでよろしかったら1日1回クリックお願いいたします。

 ダボは慎重に扱います。ポチッとお願いします。

 こちらも参加中!
| 初音巫女製作 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 11:32 | - | - | pookmark |









http://houkimokei.jugem.jp/trackback/1074