CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
カウンター
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

ほうき星のフィギュア制作日記

★「時間があれば手を動かそう!」を目標に日々フィギュア製作に励んでいます!★
<< クリアー塗装でコーティング | main | 接着面を磨く >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
塗装作業
14・塗装作業

ベースホワイトを塗ったらいよいよ色つけです。

さて、ガレージキットの塗装ですが・・・ここまで出来たら後はプラモデルの塗装と一緒だと思います。少なくとも自分はそういう塗装をしています。
いい加減なようですが塗装に関してはネット上にいくらでもやり方が載っているので自分の使用している道具にあった塗装方を見つけ出して作業していただくのが一番かと思います。
ですが・・・それではあまりにも無責任なので私が守っている事ををちょっとだけ・・・
技術も知識も乏しい私のアドバイスなんて役に立つか分かりませんが・・・

基本的な塗装


これは筆でもエアブラシでも一度に塗ろうとしないようにしています。軽く塗って乾いたらまた塗る・・・それを良い具合になるまで2度3度繰り返しています。


塗り分けの為のマスキング

1つのパーツに多数の色を塗り分けるガレキではとても重要ですね。
特に難しい事はしていません。小さく切って使用したり、スジ彫りに沿ってデザインナイフを入れて切ったり。隙間が出来ないようにしっかりとマスキングテープを貼るという事くらいですね。


面倒ですが焦らずに丁寧に作業すればきれいに塗り分けられます前の塗料がしっかり乾いてから次の塗装に入りましょう。


フィギュアは瞳が命(だよね?)


瞳の塗装は特に慎重に・・・これはある程度、新しくて良い筆を使うのが絶対良いです。
瞳はマスキング無しでの一発勝負になると思いますので気合を入れてじっくりと挑みたいですね。また、重ね塗ることが多いので前の色がしっかり乾いてから塗り重ねましょう。


クリアー塗装


全ての塗装が終わったら発色を落ち着かせ、またコーティングする目的でクリアー塗装を行います。
こればっかりは筆での塗装はお勧めしません。スプレーでふきましょう。私は瓶の塗料を薄めてエアブラシでふいています。あんまり厚くならないように様子を見ながら慎重にココで失敗したら目もあてられません・・・
「光沢」「半光沢」「つや消し」とかあるけどこれはパーツに合わせて使い分けるべきでしょう。ちなみに私はどんなパーツも全て「つや消し」を使用しています。理由は「アニメっぽく仕上がるから」です。


さて、しっかり乾燥したらいよいよ次は組み立てです。
| ガレキ製作 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 00:02 | - | - | pookmark |









トラックバック機能は終了しました。